21日目(フランス旅行記① ルーブル美術館)

おはようございます。
朝夕の寒暖差が激しいなと思いつつ、服が迷走する私です。

今日からフランス旅行について書いていこうかと思います。
旅行したのは数年前なので、交通や色んな事が変わってるかも知れないのですが、
何かの参考になれば☆

この旅の目標は、「ミロのビーナス」を見に行くというものでした。
小学校の図工の教科書で、ミロのビーナスを見て以来、いつか見に行くぞ!と思っていました。「何が」そんなに私を惹きつけるのか?は全く分からないのですが、
初めて写真を見たその日から、実物を見たい気持ちを持ち続けてました☆
念願叶って、逢いに行ってきました。

フランスは美術館の宝庫で、私にとっては、宝の国。
今回は、旅行日数もあったので、ミュージアムパスを日本で購入して備えました☆

≪パリ ミュージアムパス≫
パリ ミュージアムパスオフィシャルウェブサイト

このミュージアムパスは、このパスを持っていれば入場可能な施設が何十か所かあり、入場券を買うのに並ぶ必要もなく、すすっと行ける魔法のパスです(笑)
旅行日数があったり、美術が好きや、がっつり動けるぜ!という方にお勧めです☆

ちなみに私は、
ルーブル美術館(2回)
オルセー美術館
オランジュリー美術館
凱旋門
サント・シャペル教会
ヴェルサイユ宮殿


と、元は十分に取れました。2デイパスを購入したのですが、まぁまぁ頑張りました。
でも、買っといて良かったと思うパスでした。

スポンサーリンク









では、最大の目的であったルーブル編ってことで☆

ルーブル美術館は本当に大きかった。
ここのために、もっと日数いたいと思えるほどに、大きいです。
平日だった事もあり、思ったよりは入場には並びませんでした。
かの有名な、ピラミッドの入り口からいざ入場☆

IMG_1739.JPG

館内図を持ってうろうろです。
前もって何を見たいのか?を考えておいて、道順チェックは必要かと。美術館の人曰く、「モナ・リザ」は混むので、朝一で一番最初に見に行くのがお勧めとの事。

私はやはり「ミロのビーナス」に一直線で行って来ました。

ここでびっくりだったのは、フラッシュをたかなければ、写真OK
大きさも大きければ、心も広いのね。

はい!来ました!あんなに用意していたのに、少し迷いつつ我が愛しのビーナスへ!
私は、ミロのビーナスのななめ後ろからその部屋へ入りました。
えぇ、感激しました。涙を溜めるほどに。

IMG_1478.JPG

このミロのヴィーナス近くに、美術館員の女の方がおられたのですが、意味なくその方にハグ。長年の思いのたけを話すという暴挙にでました(笑)良い方で、「良かったね」と言ってくれはりました。

その後は、やはり大好きな「ダ・ヴィンチのモナ・リザ」!
1つの部屋にモナ・リザだけが飾ってあります。前に柵がありますが、本当に近くで見れます。

IMG_1744.JPG

ミロのヴィーナスを見に行った後でしたが、そんなに混んでいなくてラッキーでした。
その後は、ニケだ!フェルメールだ!とわらわらと満喫☆
図工の本に載っていた作品があるわあるわのお祭りでした☆
ちなみに夜も開館している日もあるので、夜は夜でとっても綺麗でした。
夜なので、1人で行く場合は、気を付けて。

IMG_1635.JPG

また、ぜひ行きたい場所です。
今度は、日本語のオーディオガイド片手に一日中いたいと思っています。

それでは、みなさん、素敵な一日を☆

他のフランス旅行記は、こちら☆
フランス旅行記②

この記事へのコメント

スポンサーリンク